• ABOUT RAFFA MOLINA
  • 知られざる「100% Made in Peru」の魅力
    世界には豊かな資源と文化を有する国々が数多くあります。南米ペルーもそのひとつです。アンデスの山々が育んだアルパカと高品質コットンの代名詞ピマコットン、そして人々の間に代々伝わってきた編み物の文化。そうしたペルーが誇る資源と文化を世界へと発信すべく、レネー・ペニャとアラン・レバッサにより1993年に設立されたのがラファ モリーナです。その名はペルーの伝統的な編み物の名手だった、レバッサの母の名から名付けられました。ペルー原産の高品質素材を厳選し、伝統技法により仕上げられるニットウェアはまさに「100% Made in Peru」といえる逸品であり、他の国では作れない豊かな風合いと独創的なデザインが世界を魅了しています。
  • ABOUT RAFFA MOLINA
  • 伝統と革新が溶け合う無二のニットウェア
    “アンデスの宝石”と謳われるアルパカをはじめ、そのなかでも生後の限られた期間にわずかしか採取できない希少なベビーアルパカ、そしてペルーでも北部の沿岸部でしか栽培できない超長綿ピマコットンのみを用いるラファ モリーナ。それら最高峰の素材を用い、ペルーに伝わる昔ながらのハンドニッティングの技術によって編み上げられるニットウェアは、古代インカ帝国の時代よりアンデス山脈に脈々と伝わる民族衣装の柄などからインスピレーションを得ています。そこに世界基準の最新トレンドをリサーチして巧みに融合。こうして伝統と革新、ローカルとグローバルが溶け合う、ラファ モリーナならではのラグジュアリーなニットウェアは完成するのです。
  • ABOUT RAFFA MOLINA
  • ラグジュアリーなニットを世界へと発信
    1999年ペルーの首都リマに直営ショップをオープンさせたラファ モリーナは、2002年に創業者の長男であり、ミラノでデザインを学んだアラン・レバッサ・ジュニアがデザイナーとして参画。その後は弟たちのアリソンとアレハンドロも入社し、次世代の家族へと受け継がれた同社は、2007年にはリマにショールームも設けます。そして2012年にはヨーロッパにオフィスを構え、本格的な世界展開をスタートさせました。その後は最高級ラインやスポーツラインなど、ラインナップも拡充。現在はペルー唯一のラグジュアリーブランドとして、ヨーロッパ、アメリカ、アジアへと進出し、高品質かつオリジナリティあふれるニットウェアをグローバルに展開しています。
  • ABOUT RAFFA MOLINA

ITEM