• ABOUT E.MARINELLA
  • 名店と謳われるナポリの“小さな宝石箱”
    マリネッラは第一次世界大戦が始まる直前の1914年、エウジェニオ・マリネッラによってナポリにて創業されました。イタリア屈指の美しさを誇るキアイア海岸通りに面するヴィットリア広場の小さな紳士服店としてスタートしたマリネッラは、程なくして主力製品となるシャツとネクタイの工房も展開。英国ロンドンをいち早く視察し、当時流行だった英国スタイルのアイテムを輸入して大好評となるなど、瞬く間にナポリの“小さな宝石箱”と称されるほどの人気を獲得しました。その後は貴族階級の衰退や2度目の世界大戦、流行の変化など激動する時代に翻弄されながらも、創業者エウジェニオの頑なな情熱と信念で乗り越え、イタリアを代表する名店となったのです。
  • ABOUT E.MARINELLA
  • Made in Italyを象徴するスタイルと品質
    創業者エウジェニオが築いたマリネッラの哲学は、創業から100年以上経った現在まで脈々と受け継がれています。その根幹をなすのが“Napoletane Veraci(生粋のナポリタン)”と“Very British(非常に英国的)”という、2つのテイストを融合した独創的スタイル。そしてそんな哲学を最も体現するのが、自社工房で独自に考案したセッテピエゲ製法のネクタイです。複数の生地を縫い合わせる通常のネクタイとは一線を画すその製法は、“Sette Pieghe(7つの折り目)”という名称通り、一枚の生地を内側に7回折り込んで仕上げます。ナポリらしい軽やかな優美さと英国的なエレガンスを併せもつセッテピエゲは、今日Made in Italyを象徴する逸品と謳われています。
  • ABOUT E.MARINELLA
  • 独創のマリネッラスタイルをナポリから世界へ
    1世紀以上の長い歴史を歩んできたマリネッラは、マリネッラファミリーが代々経営を担い、現在は三代目のマウリッツィオが代表を務めています。祖父から継承した情熱やエレガンス、品質へのこだわりを守りながら、マウリッツィオは新しい経営戦略も積極的に導入。創業の地ヴィットリア広場の小さな店舗はそのままに、欧米各国や日本にも進出し、成功を収めています。その功績が認められ、イタリア政府などから数々の栄えあるアワードも受賞。また代名詞のセッテピエゲのネクタイに加え、ブリーフケースにも脇に抱えるクラッチバッグにもなる革新的バッグ“Sotto Braccio(イタリア語で脇の下)”を開発するなど、独創的なマリネッラスタイルを世界に発信しています。
  • ABOUT E.MARINELLA

ITEM