• ABOUT FARNERARI
  • 代々継承されてきたレザーグローブの名門
    イタリア皮革産業の中心地であるフィレンツェには、名だたるレザーブランドが軒を連ねています。なかでも1926年創業のファルネラーリは、フィレンツェが世界に誇るレザーグローブの名門です。エドガルドとヴィンチェンツォのファルネラーリ兄弟によって設立されたレザーグローブ工房は、エドガルドの息子フランチェスコ、そしてその息子で祖父の名を継ぐエドガルドへ、三代にわたってファルネラーリ家が継承してきました。イタリアの典型的な家内制手工業ですが、受け継がれてきたのは工房だけではありません。工業化を避け、創業当時と同じ職人によるていねいなハンドメイドを固守。今日までレザーグローブ専業を貫き、他の追随を許さない名門となったのです。
  • ABOUT FARNERARI
  • 世界中から選りすぐった皮革と職人技の融合
    熟練職人のクラフトマンシップを込めたレザーグローブのみを90年以上も作り続けるファルネラーリ。その製法は昔ながらの匠の技を駆使したハンドメイドです。またレザーグローブの命である皮革材料の仕入れには、とくに注力しています。ファルネラーリが得意なスエードやラムナッパは、イエメンで原皮を買い付け、イタリアで鞣したものを使用。ペッカリーとディアスキンはアメリカ、メリノシープはニュージランドかイギリス、カルピンチョス(カピバラ)はアルゼンチンというように、皮革ごとにベストな産地を選りすぐって仕入れているのです。そうした最高峰の技と素材を凝らしたグローブは、第二の皮膚のごとく手にしっくりと馴染み、生涯の伴侶となるでしょう。
  • ABOUT FARNERARI
  • 世界が認める高いクオリティとデザイン性
    現在もファネラーリはグローブ以外のアイテムを生産することなく、レザーグローブにおける真のスペシャリストブランドとしての地位を築きました。そのこだわりや技術力は世界中で認められており、名だたるラグジュアリーブランドやスペシャルショップのレザーグローブ生産も手掛けています。そして昔ながらのハンドメイドを頑なに守り続けながらも、時代ごとのファッション動向を注視し、現在のマーケットに合ったデザインのグローブを積極的に開発。高感度なグローバルマーケットに向けて、日々新しい提案を行っています。こうしたたゆまぬ企業努力により、ファルネラーリのハイクオリティなレザーグローブは、各国の一流ショップの店頭を飾っているのです。
  • ABOUT FARNERARI