• ABOUT CHAPMAN
  • 大成功を収めたジョン・チャップマンの才覚
    チャップマンの創業者ジョン・チャップマンは、1943年英国ノッティンガムシャー州で農業を営む家庭に生を受けます。警察官や印刷機器の営業マンを経たジョンは、やがて英国王室御用達の名門フィッシングメーカー、ハーディ社へ入社。そこで大きな功績を収めた彼は、フィッシングバッグメーカーに引き抜かれますが、会社が大手に買収されたことを機に、自身でフィッシング&ハンティングバッグのメーカー設立を決意。1984年、美しい湖を擁する自然豊かなカンブリア州カーライルの自宅のキッチンテーブルにて、妻ジョーとともにハンドメイドのバッグ製造を始めました。そして質実剛健な作りとジョンの優れたマーケティング力により、瞬く間に大成功を収めたのです。
  • ABOUT CHAPMAN
  • 英国にしか作れない生粋の英国製バッグ
    チャップマンのすべてのバッグは、ジョンとジョーが自宅で作り始めて以来、いまもカンブリア州カーライルの自社工場にて生産されている“Made in England”。メインマテリアルである耐久性と防水性に優れたボンディングキャンバスは、全行程を国内で仕上げる英国製。伝統的な馬具にも用いられる頑健なレザーやロンドンから取り寄せる金具類、英国軍の装備に採用されるコットンテープまで、すべての材料を英国製にこだわっています。それらを地元カンブリア出身者がほとんどの職人たちが、手作業での裁断や縫製など伝統的な手法で丁寧に仕上げるのです。いまでは希少となってしまった、そんな英国ならではの質実剛健なモノ作りが、そこには確かに息づいています。
  • ABOUT CHAPMAN
  • 世界を魅了するブリティッシュトラッド
    1990年代には英国内の高級デパートでも取り扱われるようになり、王族やセレブリティからも寵愛されたチャップマン。そして自社ブランドに加え、一流ブランドのバッグ生産も手掛けるようになります。現在は“素晴らしい英国文化を残し、未来に伝えていきたい”と願う現オーナーへと引き継がれましたが、引退後もジョンは社の近くに住まい、自身の名を冠したブランドを見守っています。近年はカーライルの工場及び本社も改装・拡大。伝統的なフィッシング&ハンティングバッグのデザインと機能を現代のライフスタイルにフィットさせたチャップマンのバッグは、英国をはじめ欧州各国やアメリカ、日本、ロシア、中国、オーストラリアなど世界中の一流店で扱われています。
  • ABOUT CHAPMAN

ITEM